女性の転職情報です。
転職を考えている方に向けて、履歴書の書き方や
保険や税金の手続きなど役立つ情報を集めました。

女性の転職に役立つ情報をまとめました。

履歴書を書く

読まれる履歴書

当たり前ですが書類選考を通過しなければ面接試験はなく、面接試験がなければ採用はありません。という事はまずは書類選考で通過しなければその応募者には始めからチャンスが与えられないという事になります。書類の内容で見られるのはもちろん職務経歴や志望動機ですが、乱雑に書かれた書類はキャリアがどんなに優れていても落ちる事もあるのです。これは非常にもったいないですね。  逆に書類の作り方が丁寧で志望動機が魅力的であれば、採用担当者はあなたに「会ってみたい」と思うはずです。決して嘘はいけませんが、魅力的な書類を作るために努力する事はとても大切です。自分のデータだけではなく、人柄を伝える書類を作りましょう。

履歴書を書く上での常識

  • 黒のボールペンや万年筆などで手書きで書きましょう。職務経歴書は読みやすさの面からパソコンで作成することもあるようですが、履歴書は常識的に手書きで作成します。字は下手でもよいので丁寧に書きましょう。
  • 文字の大きさなどにも注意して、バランス良く記入しましょう。
  • 修正液、修正テープのたぐいの使用は不可です。間違えたら最初から書き直してください。
  • 履歴書の日付は投函日か履歴書を持参した日を記入しましょう。
  • 写真と捺印を忘れないでください。
  • 必ずコピーを取り、面接に備えましょう。面接で履歴書とちぐはぐな事を言わないように。

各項目の注意

氏名・住所・生年月日・連絡先

  • ふりがなを忘れないように。「ふりがな」とあれば平仮名、「フリガナ」とあれば片仮名で記入しましょう。「印」マークのある書類では捺印を忘れずに。
  • 住所は都道府県から記入し、アパート・マンションの部屋番号まで省略せずに記入しましょう。
  • 修正液、修正テープのたぐいの使用は不可です。間違えたら最初から書き直してください。
  • 留守がちな場合は連絡先に携帯電話の番号も記入しておくとよいでしょう。在宅の時間帯など詳細を添えるのも親切です。

学歴欄

  • 年度の記入は元号が一般的です。小・中学校は卒業年月日だけで構いませんが高校からは入学年度を、大学は学部学科までを記入してください。「同上」や「〃」などは利用せずきちんとひとつずつ記入しましょう。

職歴欄

  • 会社名と入社・退社歴を記入します。移動した部署名や年月日も記入したほうがより良いでしょう。会社の略号は「(株)」「(有)」のように略さずに記入し、職歴欄の最後には「以上」と記入すること。

免許・資格、趣味欄など

  • 持っている資格は取得年月日を含めてすべて記入を。趣味や特技は応募者の人柄が表れる欄でもあるので、おざなりにせずに書きましょう。少しでも自己アピールにつなげられれば尚良いです。

志望動機

  • 特に重視される欄なので慎重に。具体的に良く練って記入しましょう。「御社に将来性を感じて」のような、決まりきった表現は避けましょう。どこに将来性をどのように感じたのかを書くのが重要なのです。

本人希望欄

  • 募集職種や勤務地、入社希望日などを記入します。職種は複数なくとも確認のために記入しておくと良いでしょう。もしここでも職種についての意欲を記入できれば、この欄でも自己アピールをすることが出来ます。

写真

  • 写真はスピード写真は避け、写真館などで撮ったものを使いましょう。