女性の転職情報です。
転職を考えている方に向けて、履歴書の書き方や
保険や税金の手続きなど役立つ情報を集めました。

女性の転職に役立つ情報をまとめました。

円満に退社

退職届を出す時期

お世話になった会社にできる限り迷惑をかけないように、きちんとした引継ぎを行ってから退職が出来ると良いですね。引継ぎの日数を考えた退職日を検討し、直属の上司に申し出ましょう。だいたい1ヶ月前くらいに報告するのが一般的です。意思表示は2ヶ月前くらいからしておくと退職日もじっくり決められるのであわてることもありません。民法上では2週間前で退職が成立しますが、就業規則に「1ヶ月前に申し出るように」とある会社もありますので必ず確認を。大きな仕事に関わっている場合などは時間がかかることも考えられますので、期間に余裕を持つことが望ましいです。また、会社の繁忙期などに退職する事の無いような配慮が必要です。

退職届のポイント

 会社の規定用紙が無い場合は自分で作成します。この退職届を提出して受理されることによって雇用契約の解除が行われます。  便箋は白無地で、黒の万年筆かサインペンなどで縦書きの楷書体で記入します。法律上もこれが公式文書となりますので、丁寧に記入しましょう。  表題は「退職届」とし、本文の書き出しには「私事」あるいは「私儀」と記入します。退職理由は「一身上の都合」で良いでしょう。詳しく具体的に理由を書かなくとも良いです。  自分の所属部署名と名前を書いた後は名前の下に捺印することを忘れないようにしましょう。最後に宛名を記入して完成です。これは会社の代表者である社長の名前を記入。その際には自分の名前より上に記入するようにします。

引継ぎのポイント

 後任者が決まっていない場合は、同僚などが業務を引き継ぐパターンが多いようです。その場合相手には通常の業務もありますので、スケジュールを立てて計画的に引き継ぎしてゆくのが良いでしょう。  引継ぎはどうしても量が膨大になりますので、文書にしておくと引き継がれるほうが便利です。口頭での説明はどうしても漏れが出てきますし、後から思い出せない事もあります。顧客の連絡先やこれまでに起こったトラブルとその解決法なども一緒にまとめておくと親切です。  会社に出勤する最後の日までその会社の社員です。気を引き締めて円滑な引継ぎを心がけたいですね。