女性の転職情報です。
転職を考えている方に向けて、履歴書の書き方や
保険や税金の手続きなど役立つ情報を集めました。

女性の転職に役立つ情報をまとめました。

年金の手続き

厚生年金から国民年金へ

 退職と同時に厚生年金の加入資格を失います。再就職先が決まっている場合はそのまま転職先に年金手帳を提出して手続きしてもらいましょう。決まっていない場合、決まっているけど少しでも無職の期間が出来る場合には国民年金に切り替える事が必須となります。

手続き方法

住民票のある市区町村で手続きをすることが出来ます。「国民年金被保険者資格取得届」を提出し、後日郵送されてくる納付通知書にしたがって納税することになります。

年金Q&A

Q.年金を納めなかった場合はどうなりますか?
A払っていない期間は「未納期間」ということになります。最低25年収めていなければ年金の支給はなくなります。退職の際に手続きを忘れて未納になってしまったという事の無いように気をつけましょう。
Q.失業して収入がないので、保険料の支払いが苦しいですが…。
A.失業などで保険料の支払いが困難になった場合は、免除制度があります。免除期間は加入期間に入れてもらえるので、苦しいからと言って手続きを全く無視するよりはるかに懸命です。ただしその期間の受給額は3分の1となりますので良く考えてから免除を申し込みましょう。また、半額免除という方法もあります(その場合の給付は3分の2です) 。免除期間は毎年申請が必要となりますので、申請を忘れないように。遅れるとその分免除月数が減る事になります。  その後、晴れて就職が決まりさかのぼって保険料を納付したい場合は、免除期間が10年以内であれば可能です。追納すると年金額は通常に戻りますので、生活が安定してきたら納付を考えてみてはどうでしょうか。
Q.資格を取るために学校に入りなおすことになりました。この間の保険料は払わなければいけないのでしょうか?
A.一度就職していても学生になれば保険料の納付が免除されます。この期間は給付には反映されませんが、加入期間には入ります。