女性の転職情報です。
転職を考えている方に向けて、履歴書の書き方や
保険や税金の手続きなど役立つ情報を集めました。

女性の転職に役立つ情報をまとめました。

雇用保険

 休職中の強い味方となるのが雇用保険です。誰もが無条件で失業給付を貰える訳ではなく雇用保険に6ヶ月以上加入している事が条件となります。更に月の出勤日数が14日以上あることが必要です。

支給までの流れ

ハローワークに持参するもの

  • 雇用保険被保険者証
  • 離職票
  • 住民票か運転免許証など、住所と名前を確認できる官公署発行の書類
  • 3×2.5センチメートルの写真
  • 本人名義の預金通帳(但し、郵便局は不可)
  • 印鑑(認印で構いません)

給付の流れ

 ハローワークで求職の申し込みをした後、受給資格の確認を受けます。退職した日の翌日から1年間が受給資格となりますので、その期間中に手続きを済ませてください。ハローワークで始めて手続きをした日に失業が認められた事になります。それから1週間の待機期間を経てだいたい1~2週間以内に説明会があります。その説明会では「受給資格者証」「失業認定申告書」が渡されます。その後4週間に1度、決められた日時にハローワークに出向く事が必要です。その際に失業認定申告書を提出する事を求められます。その申告書の内容に基づいて失業給付が発生します。

雇用保険Q&A

Q.失業給付はすぐに受けられますか?
A.自己都合で会社をやめた場合、給付制限が3ヶ月付きます。その他に待機期間などがありますので、結局給付を受けられるのは約4ヵ月後ということになります。会社から辞めてくれといわれてやめた場合には会社都合ということになりますので、待機期間後にすぐ受給期間に入ることができます。
Q.不正受給が発生した場合、どうなりますか?
A.就職していたりアルバイトをしているのに虚偽の報告をして失業給付を騙し取っていた場合、厳しい処分が課せられます。全ての失業給付の返還を求められ、さらに不正受給した額の2倍の額を返さなくてはいけません。不正受給額と合算すると3倍の額になります。よく言う3倍返しというのはこの事です。
Q.失業給付をもらいながらアルバイトはできないのでしょうか?
A.禁止されていませんが報告をしないと失業給付は打ち切られます。働いた日があれば失業認定申告書に賃金と該当日を記載してください。アルバイトをしている機関の失業給付は一切支給されませんが、この日数は後に持ち越されるので総支給日数はかわりません。